スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ペペロミア族?いや属について語ってみる
- 2011/10/03(Mon) -
もう衣替えはお済みですか?

私は。。。もちろん

まだです。

まだと言うのには語弊がありますね~
衣替えは基本しません←おいっ!
クローゼットの中にあるすべての服の中から、季節ごと気温考慮して
ただ着ているだけなんでね

おもいっきりスボラ人間kieです。

今日は、真面目に植物のネタでも書きましょうかね?←本来あるべき姿

前回のマーケットにも沢山持っていったペペロミア属の植物。

個人的には相当好きですペペロミア

乾燥に強くて、水を与えすぎなければOK
真夏の暑さはへっちゃらで、屋外の直射日光さえ避ければOK
冬も、8度程度の温度があればOK
(ペペロミア属ならどんな品種でも育て方のポイントは同じ)

つ~ことで。。。誰がなんと言おうと育てやすい部類に認定

このペペロミア属、1000を超える品種があるらしい。
結構植物界では大派閥ですな。

大別すると3種

ロゼットタイプ:茎が短く、葉には長い軸が付いており、葉は茎を中心として四方に伸びます。
直立タイプ:茎が太くまっすぐ上に伸びます。茎は伸びると斜めになったりほふくすることもあります。
ほふくタイプ:茎は細くて立ち上がらず、地面を這うように伸びていきます

丁度タイミングよく画像があるので、よろしければご覧ください

あのぉ。。。
今回なんだか真面目に書きすぎて、正直飽きてきちゃったんですけどぉ。。。

ちょっと休憩

温かいコーヒー入れていました。はい。
それと、チョコレート

あ~美味しい。相性バッチリですよね?←イイカゲンニシロ

ではでは続きを。。。


ロゼットタイプ代表のカペラータ様

CIMG3550.jpg CIMG3552.jpg

これは葉色がピンクと言うか、茶色と言うか。。。
カペラータのピンクレディーですかね?
ピンクレディーに反応して私がまた余計なことを語りだすんじゃないか?
と、ご心配でしょ?
大丈夫 私空気を読む女。先を急げ!との空気圧を感じて。。。
泣く泣くスルー

直立タイプ代表

CIMG3537.jpg CIMG3547.jpg
プテオラタ様        葉の模様から。。。スイカペペとも言われています
      
続いてニパドラ様↓ こちらは、ビーンズ系ペペですね
CIMG3543.jpg CIMG3546.jpg
ちょっとクセのあるマーケットでも興味は持たれるけど、連れて帰ってはもらえません

やっと最後ですよ。頑張りましょう?

ほふくタイプ

CIMG3539.jpg CIMG3549.jpg

エメラルドとタグに書いてありました。
これは、まだあまり流通してないと思います。いわゆるレア系
この後、人気が出れば、そこらじゅうで目にするようになると覆いますが。。。
どうでしょう?
個人的には、斑入りの葉が美しくて、是非人気者になってほしいと願っているのですが。。。
マーケットでは、造花と間違える方が続出していました。

↓このイザベラ様のように大人気ペペとなることが出来るのか?エメラルド頑張れCIMG3556.jpg CIMG3557.jpg

やっと終わりました。

長文書いて、何が言いたいのか?と言えば。。。
ペペロミア属が好き ってことですかね?

読んでくださったみなさん。お疲れ様でした。
最後までお付き合いいただきありがとYO

この記事のURL | 観葉植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<旅の途中 | メイン | 自分がいいと思ったものが売れるとは限らないのです>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://midorinotoki.blog40.fc2.com/tb.php/337-813cc5d0
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。