スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「赤」で思い出した事をつらつらと
- 2011/11/12(Sat) -
外作業には暑いくらいの今日。

寒さ、暑さが気にならないと、やっぱ集中しやすくはなる。
蚊が邪魔するけど。。。

ビーンズさんに納品予定の大きめな鉢4点がほぼ出来た。

いつもそうだけど。。。
出来上がったら。。。
寝て、起きて、作ったものを見て。。。
寝て、起きて、作ったものを見て。。。

これを数日繰り返す。

見るたびに、自分の中でOKだと思えばGOって感じですかね~
自己満と言われればそれまでだけど。。。
正解がない中では、自己満って意外と大事だと思うよ。
特に、お任せオーダーの場合、
自分で満足できてないのに、お客さんが満足してくれるってことはないと勝手に思ってます。

あっ!オーダー品は正解はあるわっ!
お客さんが満足してくだされば、それが正解。


今日作ったものを、明日の朝見たらどう思うか?
今からドキドキが止まらないkieです。(ちなみに…ロマンティックはすぐ止まる)

CIMG3711.jpg

作業中、現地でアレンジするこの画像の枝、葉をぼんやり眺め数時間
あれやこれやと考える。
素材買ってる段階で、そこそこ構想はあるけれど。。。
実際現地で作業する時にまわりの雰囲気との兼ね合いで、急に気が変わることもしばしばなので。。。
ぼんやりと完成形を想像する。
今更なんだけど、この素材、どちらも半生。根っこはないからいずれドライになる運命
わたし、基本、根っこアリ植物アレンジする人なんだけど。。。
何しようとしてんだろ?

で、素材をぼんやり見てると。。。
次々と妄想やら思い出やらが浮かんでくるんだよね~

「赤い色」が。。。
とてつもなく綺麗だな~と思ってたら、思い出したことの1つ。

数年前のことだと思う。
シュチュエーションは、車内
登場人物は、弟1号、その娘suzu、弟2号の息子fu-ta、私
子供たちは当時小2くらいか?

「suzuは緑色が一番好き」

「オレも好き!なんか。。。suzu男みたい」とfu-ta

「fu-ta!そんな普通のこと言ってちゃダメだよ」と弟1号

「そうそう!」と言いながら私大爆笑

fu-taの中では、女の子は普通、赤とかピンクとか。。。
かわいい色が好きだという固定観念が残念ながらすでにあるらしい。

確かに、昭和の時代「赤、ピンク」は女で「黒、青」男!的な世間的な決めつけを
押しつけられてきた感じは否めない。
平成の今になってもそれがあるのか??

そう言えば。。。
弟1号は中学の頃だと思うけど、やたらと「赤い服」を着てたなぁ~
それを、mamaりんがすごい嫌がって。。。
「男の子なのに。。。赤い服はやめてぇ~~~」と良く言ってたような記憶が蘇った。
そんな争いに巻き込まれたくない私は、「何色着ようがどうでもいいじゃん」と思ってたな

今考えれば、弟1号が「赤い服」を意地になって?着てたのは
決して赤が好きだからじゃなく、世間の「赤=女」という固定概念への反抗だったのかも?
と、今日思った←とんだ見当違いかもね

当時から彼は色々と。。。ROCKな子?(笑)でしたから

絶対ココを見てない弟1号へ。。。
mamaりんが「赤」を嫌がった理由は、決して男の子が赤を着るのを否定してるわけじゃないよ。

ただ、単に、mamaりんは「赤」が好きじゃないのさ!!

よ~く思い出してごらん。
うちら3兄弟、子供のころからいつも大人色の服ばっかり着させられてたじゃん
ベージュとかブラウンとか、グレーとか、パープルとか、モスグリーンとか。。。

赤だけじゃないよ。
はっきりした原色がお好きじゃないんだ。

私が20歳過ぎたころから、「黒」ばっか着てるのも、大いに嘆いていらっしゃった(笑)
弟2号が一時期オレンジ色ばかり着てたけど。。。
それに関しては「良く似合う」と言ってたような。
オレンジはmamaりん、好きなんだよ。

自分の好きな色の服を、子供にも来てほしかっただけのことさ。

それにしても、もしfu-taが既に色に対する固定観念にとらわれているとすれば
ゆゆしき問題だ←大げさ(笑)

時々、ふと思うんだよね。
沢山の知識を得るのは大事なことだけど。。。
その知識が返って邪魔になることもあるよなぁ~って

自分が花や、グリーンについて何の知識もない状態に戻ったら。。。
どんなアレンジするだろうか?

すっごい斬新で、ユーモアーがあって、今よりもっとセンスのいいものができるかもしれない!
と希望的観測も含め思ったりする。そんな天才肌じゃないけどね。

創作する上で邪魔になるほどの知識も経験は元々ないし。。。
幸いにも?得た知識を次々忘れるお年頃(笑)

極力何かに囚われないようにするにはどうしたらいいんでしょうね?

な~んて、思いのまま、ぐだぐだ書いてたら、長文になってしまいました。
最後まで、何のこともない駄文を読んでくださって。。。
今日もありがとうございました。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<タンピンセットモノ | メイン | 手ぶらじゃ行けない>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://midorinotoki.blog40.fc2.com/tb.php/349-d13751e7
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。